iPhoneによる位置情報関係のまとめ

区分
objective-c
報告者

こんにちは。
先日komagataさんにgit svnの使い方を教えていただいたおかげで、少しは使えるようになってきたmasudaです。

今回も前回のGeohashに引き続き、位置情報に関する内容です。
ググれば出てくる内容なので、新しいことはなんにもないのが申し訳ないところです。

位置情報に関するライブラリは

  • CoreLocation
  • MapKit
などがあります。

GPSで現在位置を取得するにはCoreLocationを使用し、地図を表示したり現在地の大まかな住所を取得するためにはMapKitを使用します。

CoreLocationではCLLocationManagerDelegateを実装し

CLLocationManager *locationManager = [[CLLocationManager alloc] init];
    if ([locationManager locationServicesEnabled])
    {
        [locationManager setDelegate:self];
        [locationManager setDesiredAccuracy:kCLLocationAccuracyBest];
        [locationManager setDistanceFilter:kCLDistanceFilterNone];
    }

- (void)locationManager:(CLLocationManager *)manager didUpdateToLocation:(CLLocation *)newLocation fromLocation:(CLLocation *)oldLocation
{
    NSLog(@"%@", newLocation);
}

このようにすればLogに現在地の情報が取得できます。

地図を表示するには

CGRect screen = [[UIScreen mainScreen] bounds];
MKMapView *mapView = [[MKMapView alloc] initWithFrame:screen];
[[self view] addSubview:mapView];
[mapView release];

MKCoordinateRegion  region;
region.center = [location coordinate];
region.span.latitudeDelta = 0.005;
region.span.longitudeDelta = 0.005;
[mapView setRegion:region animated:YES];

とすれば、locationで指定した座標に移動します。

現在地を取得するにはMKReverseGeocoderDelegateを実装し

MKReverseGeocoder *reverseGeocoder = [[MKReverseGeocoder alloc] initWithCoordinate:[location coordinate]];
[reverseGeocoder setDelegate:self];
[reverseGeocoder start];

- (void)reverseGeocoder:(MKReverseGeocoder *)geocoder didFindPlacemark:(MKPlacemark *)placemark
{
    NSLog(@"%@", [placemark title]);
}

とすることで取得することができます。
すべてのAPIが非常にシンプルに作られているので、使用するのは非常に簡単です。

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa