低価格レンタルサーバーの共有SSLとWordPress (1)

区分
やすさ爆発
報告者

こんにちは、chibaです。
完全にネタが切れてしまいましたので、普段に遭遇する困ったことを書いて行きたいと思います。
月額500円位からの低価格レンタルサーバーと、WordPressの組み合わせは、個人〜中小企業の強い味方なのではないかと思うのですが、SSLのフォームの設置で一癖あるらしい、と風の噂で聞きました。 具体的には、低価格レンタルサーバーでも共有SSLが追加オプションなしで無料で使えることが多いのですが、共有SSLなので、SSLでないURLとはだいぶ違ったURLになります。 例えば、さくらインターネットならば、

http://www.example.com

に対応する共有SSLのURLは、

https://securexxxx.sakura.ne.jp/example.com

になったり、Joe’sウェブホスティングならば、

https://serverxx.instantssl.co.jp/~example

であったり色々です。
どうやら、この辺りの事情とWordPressのデフォルトの挙動の相性が良くないらしいのですが、この辺りをだらだら探っていきたいと思います。
フォーム作成用のWordPressのプラグインは、Contact Form 7を利用することにし、

  • 1. 何が問題の原因なのかを理解する
  • 2. 先達の解決策を探る
  • 3. WordPressをいじれる位はPHPを勉強する
  • 4. WordPressが設置できる位の人なら簡単に設置/設定できるようなプラグインを作る
  • </ol> 位の流れで何回かに分けて書いてゆきたいと思います。
    果してPHPも知らない私にプラグインは作れるのでしょうか。■

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa