Google Data APIs Objective-C Client LibraryをiOS SDKで使用するための準備

区分
objective-c
報告者

こんにちは。masudaです。

今回はGoogle Data APIs Objective-C Client LibraryをiOS SDKで使用するための準備について書きたいと思います。

Google Data APIs Objective-C Client LibraryはGoogleの様々なサービスをObjective-Cから使うことができるライブラリです。
Google Data APIs Objective-C Client Library

あらかじめGData.xcodeprojを、ライブラリを使用したいプロジェクトの「ファイルとグループ」欄に追加しておきましょう。

ライブラリをコンパイルする

コンパイルオプションを指定してコンパイルします。
今回はPicasaサービスとそれに付随してOAuthを使用したので、以下のオプションを指定しました。

-DGDATA_INCLUDE_PHOTOS_SERVICE=1
-DGDATA_INCLUDE_OAUTH=1

iPhone Simulator版とiPhone OS版をReleaseでコンパイルします。

lipoでFat Binaryにする

cd build
lipo -create Release-iphoneos/libGDataTouchStaticLib.a Release-iphonesimulator/libGDataTouchStaticLib.a -output libGDataTouchStaticLib.a

コンパイルしたライブラリをXcodeに追加する

  • Xcodeの「ターゲット」でアプリを指定し右クリックし「情報を見る」を選択。
  • 「一般」 – 「リンク済みライブラリ」の下の「+」をクリック。
  • 「その他を追加…」をクリックし、さきほどコンパイルしたlibGDataTouchStaticLib.aを選択。

コンパイルするための設定を追加する

  • プロジェクトを右クリックし、「情報を見る」を選択。
  • 「ビルド」を選ぶ。
  • 「ヘッダ検索パス」に/usr/include/libxml2を追加。
  • 「ユーザヘッダ検索パス」にライブラリのフォルダを追加(このとき「再帰的」にチェックを入れる)。
  • 「常にユーザパスを検索」にチェックを入れる。
  • 「他のリンカフラグ」に -all_load -ObjC -lxml2 を指定。

参考文献

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa