Ruby で Google Analytics API

区分
Google
報告者

こんにちは!! tahara です。 Ruby で Google Analytics API をたたいてみました。

といっても Garb を使えば簡単です。 ユーザID(email)とパスワードでも認証ができるのですが、今回は OAuth を使います。

インストール

gem install garb oauth

まずは Google Analytics, OAuth and Ruby. Oh, my. | everburning を参考に OAuth します。 あらかじめ https://www.google.com/accounts/ManageDomains から CONSUMER_KEY と CONSUMER_SECRET を取得しておく必要があります。

# -*- coding: utf-8 -*-

require 'oauth'

CONSUMER_KEY = "xxxxxx"
CONSUMER_SECRET ="xxxxxxxxx"

consumer = OAuth::Consumer.new CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET, {
      :signature_method   => 'HMAC-SHA1',
      :site               => 'https://www.google.com',
      :request_token_path => '/accounts/OAuthGetRequestToken',
      :authorize_path     => '/accounts/OAuthAuthorizeToken',
      :access_token_path  => '/accounts/OAuthGetAccessToken',
    }

request_token = consumer.
  get_request_token({}, :scope => "https://www.google.com/analytics/feeds/")

# 次の URL をブラウザでアクセスし、確認コードを取得する。
p request_token.authorize_url

# 取得した確認コード
ACCESS_CODE = "xxxxxxxxx"

# 確認コードからアクセストークンを取得
access_token = request_token.get_access_token(:oauth_verifier => ACCESS_CODE)

# access_token.token と access_token.secret を取得する。
p access_token.token
p access_token.secret
ACCESS_TOKEN = access_token.token
ACCESS_SECRET = access_token.secret

# 次回からは次のようにしてアクセストークンを生成する。
access_token = OAuth::AccessToken.new(consumer, ACCESS_TOKEN, ACCESS_SECRET)

CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET, ACCESS_TOKEN, ACCESS_SECRET がそろったので準備完了です。 Garb を使ってみます。 次は正規表現 ^/facilities/[0-9]+$ にマッチするページのページビューを取得するコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
=begin
http://github.com/vigetlabs/garb
=end

require "garb"
require "oauth"

CONSUMER_KEY = "xxxxx"
CONSUMER_SECRET ="xxxxxx"
ACCESS_TOKEN = "xxxxx"
ACCESS_SECRET = "xxxxx"

consumer = OAuth::Consumer.new CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET, {
      :signature_method   => 'HMAC-SHA1',
      :site               => 'https://www.google.com',
      :request_token_path => '/accounts/OAuthGetRequestToken',
      :authorize_path     => '/accounts/OAuthAuthorizeToken',
      :access_token_path  => '/accounts/OAuthGetAccessToken',
    }
access_token = OAuth::AccessToken.new(consumer, ACCESS_TOKEN, ACCESS_SECRET)

Garb::Session.access_token = access_token

# プロファイル を指定
profile = Garb::Profile.first('UA-xxxxxxx-x')

class PageView
  extend Garb::Resource

  # 横に並ぶ項目。複数指定可能
  metrics :pageviews
  # 縦に並ぶ項目。複数指定可能
  dimensions :page_path
  # 並び順。複数指定可能。降順は後に .desc をつける。
  sort :pageviews.desc

  # フィルタ
  filters do
    # 正規表現で指定可能
    # http://code.google.com/intl/ja/apis/analytics/docs/gdata/gdataReferenceDataFeed.html#filters
    # http://www.google.com/support/analytics/bin/answer.py?answer=55582
    contains(:page_path, '^/facilities/[0-9]+$')
  end
end

# OpenStruct の配列で結果を取得。最大 10000 件取得できる。:offset で取得開始位置も指定可能。
res = PageView.results(profile, :start_date => '2010-07-01'.to_date, :end_date => '2010-07-07'.to_date, :limit => 10000)
# => [#<OpenStruct page_path="/facilities/159", pageviews="1237">, #<OpenStruct page_path="/facilities/164", pageviews="1061">, ...]

Data Feed Query Explorer - Google Analytics - Google Code ではブラウザから Analytics Data Export API をたたけるようになっていますので、 このページを参考にしながら、 metrics や dimensions の設定をいろいろかえると面白いことができるかもしれません。

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa