なんでもbrowse-url-at-point

区分
Emacs
報告者

こんにちは、Chibaです!
ネタ切れなので、ちょっとした自前便利Emacs lispの紹介です!
browse-url-at-pointとは、ポイント位置にURLの文字があれば、それをブラウザで開くというものです。 このbrowse-url-at-pointで使われている、thing-at-pointという関数が肝なのですが、この関数は、ポイント(カーソル)がある場所のオブジェクトを取得できるというEmacsの関数です。
この関数なのですが使い方次第では非常に便利です。
browse-url-at-pointでは、URLが決め打ちですが、thing-at-point(ポイント位置のオブジェクトを取得)とbrowse-url(ブラウザで開く)を組み合せることによって似たようなものを簡単に作成することができます。
例えば、ポイント位置のRedmineのチケット(#1234というような形式)を開きたい場合は、色々手抜きですが、

(defun show-ticket-at-point ()
  (interactive)
  (browse-url (format "https://example.com/issues/show/%s"
                      (thing-at-point 'word))))

のように書けると思います。
簡単な割には便利ですので、エディタ上の情報からブラウザで何か開きたいと思った時には、工夫して色々作成してみてはいかがでしょう。

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa