Asset Pipeline と Amazon CloudFront を導入

区分
Rails
報告者

こんにちは、tahara です。

いまだに Asset Pipeline を使っていなかったいこーよですが、Amazon CloudFront とともに、ようやく導入しました。

温泉街の旅館のごとくページを増やしていたため、複数のレイアウトファイルが乱立しており、かなり大変な目にあいましたw

ポイントだけまとめておきます。

javascript_include_tag, stylesheet_link_tag している js, css は 全て config/environments/production.rb に追加しておきます。 さもないと ActionView::Template::Error で容赦なく本番が落ちます。 ただし application.js と application.css はデフォなので追加しなくても大丈夫。

config.assets.precompile += %w( admin.js admin.css provdire.js provider.css ... )

static gzip を使うために nginx をコンパイルしなおします。 ついでに最新にしちゃいます。 最近の nginx はデフォルトで static gzip モジュールが有効になるようですね。

# ソースを用意しておく
cd /tmp
wget http://nginx.org/download/nginx-1.2.3.tar.gz
tar xvf nginx-1.2.3.tar.gz

# パッセンジャーごと新しくする。
gem install passenger
rvmsudo passenger-install-nginx-module
# 2. No: I want to customize my Nginx installation. (for advanced users) を選択。
# Where is your Nginx source code located? で /tmp/nginx-1.2.3
# Extra arguments to pass to configure script: で
# --with-http_stub_status_module --with-http_flv_module を追加

# vi nginx.conf で passenger_ruby を新しいパスにする。
passenger_ruby 新しいパス;

location ~ ^/assets/ {
    gzip_static on;
    # for CloudFront
    gzip_proxied any;
    gzip_vary on;
    expires 1y;
    add_header Cache-Control public;
    add_header ETag "";
    break;
}

* gzip_proxied と gzip_vary を追加 2012-10-01

あとは画像ファイルの参照を erb 内では asset_path('foo.jpg') に、 scss 内では image-url("foo.jpg") にひたすら書き換えれば、 Asset Pipeline の導入完了です。

次に Amazon CloudFront です。

CloudFront の設定は AWS のコンソールから簡単にできます。

Rails 側は config/environments/production.rb で config.action_controller.asset_host を設定します。 production.rb はステージングと本番で同じものを使っているので、 config/deploy/production.rb で sed しちゃいます。

namespace :deploy do
  desc 'setup production env'
  task :setup_production_env do
    run "sed -i -e 's/.*config.action_controller.asset_host.*/config.action_controller.asset_host = \"\\/\\/d2goguvysdoarq.cloudfront.net\"/' #{release_path}/config/environments/production.rb"
  end
  before 'deploy:finalize_update', 'deploy:setup_production_env'
end

これだけで、CloudFront の導入ができました。 これは簡単だった。

次のように CloudFront がさばいてくれる分、リクエスト数が減りました。 20120918172018

最後に、エンジニア募集しています。

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa