Common LispでS3

区分
s3
報告者

こんにちは、システム管理業として出戻ってきましたchibaです。
前回は、なんでもbrowse-url-at-pointというのを書きましたが実に5年前のようです。時の流れが早い…。

さて今回は、S3上のログをCommon Lispで取得してみたことについて書きます。

Common LispでS3を利用する場合ですが、ありがたいことに zs3というライブラリがあるので、これを利用しました。
ログをダウンロードしてくるだけなら2、30行で書けちゃうかなと思います。
書いてみた感想としては、やっぱensure-directories-exist 便利だな、という所です。

ちなみに、awsというpython製ツールもありますが、pythonのツールを揃えないといけないのでQuicklispの環境を整えるのに比べてもどっこいどっこいでしょう(多分)

別に大したことはないツールはこちらです。

今後もシステム管理でCommon Lispを活用していきたいと思います。

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa