Mac の開発環境構築を半自動化する

区分
開発環境
報告者

こんにちは、kawaguchiです。

アクトインディ Advent Calendar 2015 の22日目の記事です。

自分がMacBookのセットアップ時にやっていることを紹介したいと思います。
ターミナルでだいたい完結します。
プロビジョニングツールはメンテコストがかかりそうなので使ってません。

OSXをクリーンインストールする

MacBookにはリカバリパーティションがあって本体だけでクリーンインストールできますが、ネットからイメージをダウンロードするため遅いです。
AppStoreからダウンロードしたイメージをUSBフラッシュメモリに焼いて、
そこからインストールすると通信がほぼ発生せず30分くらいでOSXのインストールが完了します。

Command Line Toolsをインストールする

ログインに成功したらターミナルを起動して次の1行を実行します。gitとか色々とインストールされます。

xcode-select --install

Homebrewをインストールする

GUIアプリもインストールできるので必須です。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
brew install caskroom/cask/brew-cask
brew update
brew upgrade

CUIアプリをインストールする

brew install wget
brew install vim
brew install homebrew/dupes/screen

GUIアプリをインストールする

初回にパスワードを聞かれます。便利。

brew cask install coteditor
brew cask install google-japanese-ime
brew cask install google-chrome
brew cask install virtualbox
brew cask install kindle
brew cask install logitech-control-center

Karabinarをインストールする

便利なキーボードリマッパーです。
予めアップロードしておいたシェルスクリプトを実行して「Emacsキーバインドをどこでも使えるようにする」「キーボードでマウスを動かせる」を有効にします。

brew cask install karabiner
curl https://raw.githubusercontent.com/jiikko/dotfiles/master/mac/setup_karabinar.sh | sh

Karabinarには設定内容をシェルスクリプトにエクスポートをする機能があって、エクスポートしたシェルスクリプトをアップロードしています。

システムの設定を変更する

同じく、予めアップロードしておいたシェルスクリプトを実行して、デフォだと無効になっている「Finder上部にパスを表示する」「タップでクリックする」などを有効にします。
通常はシステム環境設定画面から変更する内容です。

curl https://raw.githubusercontent.com/jiikko/dotfiles/master/mac/setup_system.sh | sh

ターミナルの設定を変更する

これは秘伝のタレです。
自分のdotfilesリポジトリにある各設定ファイル(vimrcとか)を、ホームディレクトリへシンボリックリンクを貼ります。

cd ~
git clone git@github.com:jiikko/dotfiles.git || git clone ttps://github.com/jiikko/dotfiles.git
cd dotfiles
./setup.sh

以上を実行していくといつもの使い慣れた環境のできあがりです。

糸冬

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa