背景を知る

2013年02月25日
区分
その他
報告者:
aoki

要求されたものを要求されるままに実装することは日常で頻繁に発生していると思います。
仕様が決まり実装フェーズに入り、マンパワーで乗り切るといった場合に特に多いように思います。
こうなると設計書だけ渡され、十分な理解をしないまま設計書通りに実装するということがどうしても起きてしまいます。

例えば、実装フェーズからテストまで参画予定、その後はまた別プロジェクトへ移動となる技術者が担当する場合
人が足りないからアサインされ、長時間労働前提での参画が少なくありません。
考える時間の余裕がないため設計書と本来の目的がずれていても、
実装者の役割:設計書通りに実装する
実装者の目的:同上
となりがちです。

結局「別の誰か」がやらなければなりません。
ツケがプロジェクトの最後の方にやってきて・・・
後はご想像にお任せします。

実装者は価値を生み出すためにアサインされたはずが、
本来な目的と実装者の目的が異なるため
時間とコストだけかかってしまった
といった局面を何回も見てきました。
誰しもが少なからず経験があるのではと思います。

設計書には大抵「なぜそうするか」は書いていません。
説明があっても、本当に理解していない限りずれが生じます。
そのツケは結局本人に返ってきて、
長時間の単純作業を自分自身で延長するはめになるということもあるでしょう。


ではどうすればいいかという話ですが、

背景を知る

ということが大きい価値を生むと考えています。
例えば

無駄が生じてしまった例
・10人月かけたのに実際には使われない機能だった
本当に必要かどうかユーザへヒアリングをして、その要求に至った経緯を把握していれば
発生しなかった。

無駄を防げた例
・プロジェクト後半に文字化けする箇所があるため文字コードを変更してくださいとユーザから要求があった
影響が大きいため改修の見積もり工数は300時間だったが、本当に必要かユーザへヒアリングすると、
実は影響を受ける箇所は1箇所で、考え方をちょっと変えるだけで工数は1時間で済んだ

といったものがあります。
ちょっとヒアリングして背景を知るだけで、
とんでもなく時間がかかるはずだったものを回避できるなら
やったほうがいいですよね。

何事もまずは、背景を知る
を意識してやっていこうと思います。

2012年12月入社の青木です

2012年12月14日
区分
その他
報告者:
aoki
はじめまして。
2012年12月より、
アクトインディ株式会社システムチームに参画させて頂いております、青木と申します。
主にRailsアプリケーションの開発を担当します。

入社して2週間、開発に向けて以下を行って参りました。
■インフラ編
  ・VirtualboxにDebian(Linux)をインストール
  ・sshで公開鍵を使ってログイン
  ・nginx、mysql、solrのインストール
  
■Rubyプログラミング編
  ・チュートリアル実施
  
■Rails編
  ・Railsアプリケーション作成
  ・プラグインの組み込み(exception_notification、paperclip、sunspot)
  ・rspecでのテスト実施
  
今回は自己紹介のみとなりますが、
今後プログラム等の投稿を行っていきたいと思います。
よろしくお願い致します。

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa