ウェブエンジニアチーム紹介

2018年07月10日
区分
introduce
報告者:
nakamura

はじめまして。nakamura と申します。 5月に入社して以来、2ヶ月が経ちました。 ブログ初投稿です! どうぞよろしくお願いいたします。

アクトインディではウェブエンジニアとして採用されましたが、3年弱のブランク期間があり、現在、日々努力中です。 今はDockerなどを勉強しています。

前職は、まったくエンジニアとは関係ない業種だったのですが、前々職では、RailsでECサイトの構築・運用を行っていました。その頃の良い思い出が忘れられず、ウェブ開発にもう一度携わりたいと思い、再び開発にチャンレンジできることになりました。ありがたやー。

前々職では、ECサイトの構築・運用を行なっていましたがほぼ1人で開発を行なっていたので、チーム開発というものにはあまり慣れていません。

そこで、わずか2ヶ月あまりですが、僕がJoinしたウェブエンジニアチームがどのような体制で日々の業務を行なっているか紹介したいと思います。

チーム紹介

まず、アクトインディの制作チームは、現在、以下のようなグループに分かれて開発を行なっています。

  • ディレクターチーム(4名)
  • デザイナーチーム(4名)
  • アプリエンジニアチーム(3名)
  • 情報システムチーム(1名)
  • ウェブエンジニアチーム(8名)

基本的には、ディレクターチームが文字通り、サービスの改善点や仕様などを決め、Redmineにタスクを切り出します。 そして、僕のいるウェブチームは、そのチケットを元に、Githubでソースを管理し、コードレビューを行い、チケット駆動開発をベースにサービスの開発・改善を行うのが主な業務になります。

また、Slackを全社的にコミュニケーションツールとして使用していますが、ウェブチームでは、毎朝10分程度のミーティングを行い、チーム内での情報共有、チームとしての一体感を保てるよう工夫しています。 その他にも、週1でエンジニア全体ミーティング、隔週で1 on 1を行うなど、日々の業務を効率よく行なっていけるよう試行錯誤しています。

このあたりは、多くの自社サービスを運用している企業さんたちとあまり大差はないのかもしれません。 しかしながら、1人で開発を行なっていた僕にとっては、とても新鮮でした。 特にコードレビューに関しては、指摘を受けることでたくさんのことを学ぶことができます。 とてもありがたいです。

それと、弊社では、リモートでの作業も一部認められるているので、人によってはとても働きやすい環境なのではないでしょうか? あ、あと、オフィスには懸垂用のトレーニングマシンも完備されているので、筋肉系エンジニアの方にもぴったりかもしれません。

The IT Crowd

最後に、唐突ですが、前々職でイギリスにいたころによくみていたおすすめのドラマを紹介します。 「The IT Crowd

IT業界にいるひとは、「あるあるネタ」が出てくるのできっと楽しめると思います。 日本語版もあるみたいですが、ぜひ、英語版も楽しんでみてください。 めっちゃ笑えます。

アクトインディでは、一緒に働いてくれるウェブエンジニアを募集しております。 興味のある方はぜひお越しください!

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa