Windows10 Anniversary Updateでの失敗記録

区分
ヘルプデスク
報告者

はじめまして、kadota です。
5月半ばに入社した新参です。社内ヘルプデスクしつつRailsを勉強してます。

ハロウィンの季節ですね。
弊社ブログのデザインも(元から)なんとなくハロウィンっぽい気がしないでもない気がします。

先日、Windows10の生誕祝の更新がありましたが、扱いを間違えて呪いを掛けられてしまったPCがありましたので、反省の記録としてご報告です。

自動更新のたびに失敗するPC

  • 患者:リモートワーカーのちょっと古いノートPC。ASUS U24E Win7モデルで、Win10へ移行済。
  • 症状:アニバーサリー・アップデートの自動更新がかかるたびに失敗して、再起動後に初期状態に戻すはめになっていた。

PCを受け取って、まず Windows Update のコンポーネントを自動的にリセットする を実行。
Windows10 更新アシスタントをDLし、そそくさと、そのまま再度アニバーサリー・アップデートを適用。…これが失敗でした。

いつもより更新が進んで100%までいってから再起動したものの、結局エラーで沈黙。仕方なく強制再起動へ。
今まではWindows回復環境(Windows RE)から初期状態へ戻せたようですが、今回はWindows回復環境は出るも、初期状態に戻すのさえ失敗する状態に。
Windows10なので自動で復元ポイントが刻まれていればよかったのですが、このPCには復元ポイントも無いことがわかり、焦りました…

事前にやっておけば良かったこと

振り返ってみると、アニバーサリー・アップデートを再適用する前に、以下のポイントをおさえるべきでした。

  • 失敗時に備えて、復元ポイントを確認。または修復用イメージを作っておく
  • システム ファイル チェッカーを実行 (SFC /scannow)
  • DISM コマンドを実行 (DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth) ※Windowsイメージの修復 →いきなり修復じゃなく、まず/ScanHealthがいいかも
  • アップデート前にセキュリティソフトを一時無効化、またはクリーンブートで余計な常駐ソフト無しで行ってみる

ちなみに今回は困ったあと、Windows回復環境の「詳細オプション」でコマンドプロンプトを開いて作業してみたのですが、

  • SFC /scannow は、検出後のファイル修復がセーフモードではないので適用できず、セーフモードでの起動もエラーで失敗、で詰まる。
  • chkdsk c: /f は、異常なし
  • 障害になりそうなドライバーを外して起動してみる(DISM /Image:C:\ /Get-Driversで調べて、DISM /Image:C:\ /Remove-Driver /Driver:oem**.infで外す)→改善せず、空振り

という結果でした。

SFC コマンドでシステムファイル修復が出来ていれば、更新もうまくいったかもしれません。ただコマンドプロンプトに入れるのであれば、USB経由等でユーザーデータを救出することはできるようです。

クリーンインストール

結局このPCは、ユーザーデータは破棄でもOKで、OSアップグレード履歴があったので、 Windows10のISO でクリーンインストールしてしまいました。プロダクトキーが空のままでも、問題なくライセンス認証は通りました。

この失敗がどなたかのお役に立てれば幸いです。
以上です。

トップページに戻る

技師部隊からの
お知らせ

【求人】エンジニア募集しています。

本頁の来客数
八十七万千百七十六名以上(計測停止中)

メンバー一覧

アクトインディ技師部隊員名簿

アクトインディ技師部元隊員

アクトインディへ

カテゴリー

アクトインディ

aaaa